読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな人を食事に誘う時に「アレ」を知らないと嫌われます。

あなたは
好きな人を
デートに誘うとき
食事の誘っていますか?



もし、
誘ってる人には
使ってほしい、

 

食事に誘った時に
好きな人に好印象を
与えるテクニックがあります。


このテクニックを知ってるか
知らないかでは
デートで食事に誘うときに



相手の女性のあなたに
対する印象が
全然違います。


なぜなら、
このテクニックは

 

女性の心理と
深く結びついてからです。


もし、
このテクニックを
知らなければ
好きな人と
ご飯を食べに行っても


相手は
美味しくご飯を
食べてくれません。


そのため
どんなにあなたが
会話術とかで楽しませようと
しても、


ご飯が美味しく 
食べてもらえないために、


相手の女性は
あなたとデートは
楽しくないものだった。


と思われてしまいます。


そんな事を
思われてしまったら


恋人になるのは
残念ながら、
不可能です。


だから今から
教えることは
絶対に覚えてて
ください。



では、
そのテクニックとは
何なのか?


それは、




いっぱい食べる、
君が好き~。の術


です、


ようするに
あなたは、


飯を無理やりにでも
沢山食え。

という事です。


簡単ですね。
しかし、あなたは



いきなり、
飯を沢山食えって
言われても
納得しませんよね?



なのでなぜ
好きな人と
デートでご飯を
食べる時には

「飯は沢山食べる。」

 

方がいいのか、
理由を
説明しますね。


カナダにある
トロント大学
チュリア・レオンが


お腹を空かしてる女性に


「男性と一緒に食事を
した時の相手の評価を
つけるとしたら何点ですか?」


というアンケートを
五点満点で
実施したところ、


沢山食べてる人には
4.4ポイントという
高評価に対して


全然食べずに
ご飯の量が少ない
男性には、

 

3.2ポイントという
低い評価でした。


「なぜ、食事の量が
多い人が評価が
高いのか?」

と質問した所
もっとも多くの女性が
答えたのが


「自分より食事の量が
少ない男性だと
自分がよく食べる人と
思われる。」


と回答したんです。


こう思うのは、
自分が相手の男性に


「デブ」と思われたくない
という心理現象が
発生してるからです。


なので
男性は女性を
食事に誘う時は

 

出来るだけ
多く食べる事を
意識しましょう。

 

 

長くなりましたが、
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。